卒業を節目に印鑑を

印鑑に必要な朱肉にも種類があります

朱肉

印鑑といえば、忘れてならないのが朱肉ですね。普段、印鑑ケースの中の小さな朱肉を何気なくお使いの方も多いかと思いますが、一口に朱肉といっても実は種類があるのです。

スポンジ朱肉

例えば、印鑑ケースの付属品のものや銀行やお役所などで見かける黒い丸いケースに入った朱肉は、スポンジ朱肉といって朱色のインクを染み込ませたスポンジを布で覆ってあるものです。
インクも顔料系の速乾性を重視するタイプや染料系の印影が長持ちするタイプの2種類があり、気軽に使うことができます。ただその反面、印影に深みがない、長期的な経過で色が褪せる場合があるなどのデメリットもあります。
また、樹脂製の印鑑でスポンジ朱肉を使用した後は、印鑑自体にインクが染み込んだり、稀に変形したりすることがあるので、使用後は柔らかい布などでこまめに朱肉(インク)を拭き取ることをお勧めします。

練り朱肉

もう1種類は、練り朱肉です。よく本物の朱肉などと呼ばれることもありますが、この練り朱肉は日本製で、ヒマシ油や植物の繊維、朱色を際立たせる染料などの天然素材で作られています。
そのため、使用前後には四季に応じたメンテナンスが必要になりますが、印影が鮮明で風合いに深みがあり、長い時間が経過しても朱色が綺麗に残るなどの特徴があり、大切な書類などへの押印に適しています。
そして書道や絵画作品の落款印などに使われる印泥という朱肉もあります。こちらは中国製で、もぐさや珠砂といった天然素材で作られています。
近年は人工的に合成された珠砂を使っているものもありますが、やはり冬は固く、夏は柔らかくなりやすいため、高温多湿な場所や、極端に乾燥する場所に保管しないなどの配慮が必要になります。

このように朱肉にも種類があって、それぞれ適した使い方やお手入れがあります。次回捺印をされるときは、ちょっと朱肉にもこだわってみるのも良いかもしれません。

最新記事一覧

記事一覧へ